ねずみ対策をしておこう

subpage-img

ねずみなどは、住宅などにも侵入してくる場合もあります。



屋根裏を走り回られるとそれなりに音による被害などもありますし、糞や尿などもするためある程度の期間、その家に居ついてしまうと臭いなどの被害が出てしまうこともあります。また、ねずみは丈夫な歯でかたいものであってもかじることで被害がでることもあるでしょう。
食べ物などもエサとなってしまうため、侵入された形跡があった場合には、すぐに食べ物などは、簡単にかじられないように対策をすることも大切です。
また、ねずみ対策としては、いろいろと市販されているグッズなどを利用してねずみ対策をしていくことも大切です。



侵入されてしまった場合には、殺鼠剤を使って駆除をすることを考える、または、粘着性の罠などを仕掛けて退治するなどいくつかの方法も考えられます。

また、定期的に侵入される場合には、侵入経路がどこにあるかを探り、外から侵入してくるならば、その侵入経路をみつけ、塞いでしまうこともねずみ対策につながるでしょう。
ちょっとした隙間、破損した部分などがあると、そこからでも侵入してくる可能性はあります。
また、屋根裏などに侵入される場合も、どこかにねずみが通れる侵入経路があるはずです。
そのような部分を見つけることも重要です。

破損、亀裂などの場合には補強しておきましょう。また、ねずみが外部からの侵入を試みようとした時に、警戒するように忌避剤などをまいておくというのも、ある程度効果が期待できるかもしれません。根本的に、侵入されそうな部分をふさぐ、補強することが重要ですが、それに加えて、念のため忌避剤などでも対策をして追い払うのも一つの手段です。



top