ねずみ対策どうしたら

subpage-img

ねずみは昔から様々な問題を人間の生活圏で引き起こしてきました。
ねずみに咬まれることでの鼠咬症などの感染、排泄物からレプトスピラ症、サルモネラ症などへの感染、ねずみのもっている寄生虫からペスト、ツツガムシ病、発疹熱など、ねずみは病気を運ぶ原因になります。

飲食店などで見つかった場合は衛生面の問題から営業停止になることもあるでしょう。
そしてねずみが通路や巣を作るため、建物の土台の近くに穴などを開けたり、建物や家具への害もあります。



ケーブルなどをかじってショートしてしまった場合には火災の原因にもなりかねません。

このようにねずみの害は多岐にわたり、甚大な被害を私たちに及ぼします。

ではねずみ対策としてはどのようなことができるでしょうか。
自分でできるねずみ対策としてはねずみが食べられるようなものは置いておかないこと。食品は容器などに保存し、ごみ箱もふたつきのものをつかいましょう。


ねずみの巣の材料となるようなものをきちんと管理しましょう。

段ボールや、ティッシュペーパーなど長く置きっぱなしになっているものがないようにします。ビニール、衣類なども巣の材料になるようです。

そしてねずみの通路をふさいでおくこと。

通気口、排水溝などには金網などをつけ、ねずみが入り込めないようにしておきましょう。

朝日新聞デジタル情報を簡単に調べられます。

他にもすでにねずみが家で見つかった場合は、ネズミ用捕獲器、粘着シート、駆除スプレー、駆除用の毒餌、ねずみのいやな超音波や電磁波を流す機械などいろいろなものがあるので、試してみるのもいいかもしれません。

すでに一匹以上のねずみがいると考えられる場合、早急なねずみ対策が必要な場合は駆除業者に頼むのが一番の方法です。



見積もり無料の業者もいるので、複数の業者に聞いてみて、納得のいく業者をみつけ駆除してもらいましょう。

top